セカンドハウス関連: ホテル取り壊しが相次ぐ。眺望に関する一喜一憂=静岡・熱海


REGATTA CLUB★レガッタクラブ★RM-15★メンズ腕時計【落札SA0925】
【PJ 2007年09月26日】− 3月に可決された京都市の新景観規制が9月1日からスタートしたという。それにより市の中心部の高さの上限は45メートルから31メートルにダウン。31メートルから15メートルに引き下げられた地区では地価が最大40%下がったと報道されている。(SANKEI EXPRESS9月2日号)

 マンションの高さ紛争は、次々とホテルが廃業し、跡地に高い商業施設やマンションが建つ熱海も例外ではない。

 1990年代以降、社員旅行が激減し、従来の大型宿泊施設が敬遠されてさびれ始め、熱海が斜陽の温泉地と盛んに各メディアで報道されたのが2000年ごろ。相次いだ廃業ホテルはしばらく雨ざらしになってホームレスが住みついたり、火事が起こったりしたが、このところ取り壊しも進み、跡地は立派なリゾートマンションか駐車場へと変ぼうしている。

 熱海のサンビーチに立って海岸沿いの建物をぐるりと見渡すと、最近完成した「ゼファー」が手がけた19階建て約59メートル(条例基準は60メートル)の高級マンションがひときわ高い。このマンションだけが飛びぬけて高いので背後地から見ると非常に目立つ。この建物に関しては「熱海高層マンション紛争」が起こっているが2005年に決着している。なお、このマンションは絶好の眺望とあってか、完売している。

 東海岸町のど真ん中の旅館「つるや」跡地には現在10階建て、高さ48.8メートルの商業施設が建設中だが、「つるや」が取り壊された時点で、浜辺の眺望がパッと開けて恩恵を受けたお店が「石舟庵」...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57526208

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。