セカンドハウス関連:通信制高で不登校対策 那須塩原市が国に教育特区申請


いーぐる⇒ ◎メ在庫30台以上 牧場の少女カトリ 2【アニメ】 BANDAIVISUAL BCBA-0684
 那須塩原市は27日、不登校対策などを目的に株式会社による通信・単位制高校を設置するための教育特区(同市個性き・ら・り教育特区)を国に申請したと発表した。

 計画では、那須別荘警備保障(那須町)と医療福祉人材センター(那須塩原市)が出資して株式会社「那須開成学院」を設立。通信・単位制高校「那須開成学院高校(仮称)」を開校する。

 校舎は同学院が入居するJR黒磯駅近くのビルを含め那須塩原市内に所有する計3つのビルを使用。定員は240人(1学年80人)で、平成20年10月1日の開校を予定している。

 医療福祉人材センターは、通信制高校「つくば開成学院」(茨城県)のサポート校となる「那須高原開成学院」(那須塩原市)を運営している関係などから、今回の通信・単位制高校の設置について提案し、市で検討していた。

 市では特区の効果として不登校対策のほか、学校設置に伴う雇用と消費拡大、また校舎が設けられる駅前商店街の活性化−などを挙げている。

 私立高校の設立認可は都道府県知事の所管だが、特区が認定されれば、教育関係者らで構成する審議会に諮った上で市長など地方自治体の長が認可できるようになる。

 県内ではすでに塩谷町で特区による特定事業の認定を受け、株式会社が通信制高校を開校している。
(引用 yahooニュース)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57678324

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。